今からずいぶん前のお話ですが、

日頃から、おなか周りのお肉に悩んでいた私は、効果的なダイエットにアンテナを張っていました。

 

なにしろ、食事制限と運動をせずに痩せたいと思っていましたから、

選択の幅は、それはそれは狭いものでした。

しかし、あるとき、運命的なダイエット方法に出合ってしまったのです。

食事の前にキャベツを食べるというキャベツダイエット。

ごはんの前にキャベツを適量食べるだけで、

あとは普通に食事をしてよいというのですから、やらない手はありません。

 

紹介されているダイエット法では、毎食前にキャベツを一定量食べるというものでしたが、

私は夕食の前だけ、レンジでチンしたキャベツにポン酢をかけて食べることにしました。

実際に始める前は、毎日キャベツを食べ続けることなんてできるんだろうかと半信半疑でしたが、

きらいな食べ物ではないし、習慣になると難なく続けることができました。

 

いつの間にか時が経ち、半年ほどすぎたころ、周りの人から痩せたねと言われるようになり、

自分でも効果を感じるようになりました。

しかし不思議なのは、キャベツダイエットを始めてから、

食がすすむというか、

夕食の量は意外なことに増えていたような気がします。

それでも、いつのまにか痩せていました。

 

即効性はないのかもしれませんが、ゆっくり確実に痩せる方法として、

私には合っていたのだなと思います。